IC6CL80Lの互換インクおすすめはどれ?

IC6CL80Lの互換インクは一体どれを買えばいいの?互換インクの選び方、それ以外のおすすめインクは?IC6CL80Lのインク総合情報はこちら。

IC6CL80Lの互換インクおすすめは?

IC6CL80Lの互換インク、とても種類が多いのであれこれ探してどこで買えばいいのかわからなくなってきてませんか?

とにかく安い互換インクを!というのでしたら楽天市場の『彩天地』というお店の互換インクで決まりでしょう。

→IC6CL80L互換インク(彩天地)

日本中の互換インクの価格を調べて回ったわけではありませんが、おそらくここが最安値ではないかと。商品自体の評価も悪くないので問題ないのでは。

 

それにしてもちょっと安すぎて不安!ってなったりしませんか? 私は警戒しちゃうタイプなんですよね。

というわけで次の候補は『インクのチップス楽天市場店』の互換インクです。


→IC6CL80L互換インク(インクのチップス)


総合評価で決めるならこちらかな、って気がします。
カートリッジの品質もISO認証工場で作られてるらしいので品質も安心できますしショップ自体の対応も良いと評判も好評です。

私も長年ここの互換インクを愛用していますがまだ一度もトラブった事はないですね。発色とかは私がそこまでこだわらない方だからなのかよく分かりませんが純正との違いはあまり感じませんでした。

確かに最安値ではありませんが互換インクの中ではトップクラスの安さですし、品質とか安心を考えると…まあ私が日頃使ってるから多分えこひいきでしょうね笑


→IC6CL80L互換インク(インクのチップス楽天市場店)

他にも互換インクを販売してるショップはたくさんあります。自分でお気に入りのショップを探してインクのチップスと比較するのも悪くないでしょう。楽天で探すとだいたい安いです(笑)
→IC6CL80L互換インク比較(楽天市場)


全部チェックしたけどいまいち買う気が起きない…という人はすっぱり諦めて純正インクにしといた方がいいです。やはり純正最大の強みは『安心感』。確かに純正は高いですが人によってはその値段分の価値は当然あります。

純正だとAmazonが安いですね。
→IC6CL80L純正(Amazon)

 

純正だとamazon、互換インクだと楽天といった感じでインクは選べば良いでしょう。今さらですが互換インクの使用は自己責任でお願いします。

 

--------------PR-----------------

楽天で買い物をする場合ですが、楽天カード申し込みで2,000円分のポイントも付いてお得になります。上手に利用すればトータルで5,000円分のポイントが付くことも。楽天カードは審査もかなりゆるいので気軽に申し込んでみると良いですよ。
 

→楽天カードの詳細はこちら 

詰め替え情報

とにかくたくさん印刷する機会があって、毎月インクを買ってるような人には詰め替えインクがおすすめです。

詰め替えにもいろんな方式があるのですが、やはりおすすめは純正インクカートリッジにそのままインクを補充する方式の詰め替えセットが無難じゃないかと。楽天市場にある『詰め替えインクのエコッテ』の詰め替えセットがあれば事足ります。

→ IC6CL80L詰め替えセット(詰め替えインクのエコッテ)


純正インクに詰め替えるには、インクカートリッジのICチップに記録されたインクの残量を初期状態に戻す『リセッター』という装置が必要なのですが、それも全てセットされています。

注意するのはUSBケーブルも必要という点です。PCとプリンターを繋いでいるUSBケーブルで代用できますが詰め替えの度にケーブルを抜き差しするのが面倒という人は別途用意しておいた方が良いでしょう。100円ショップなどでも売ってますので。


詰め替えインクは手間はかかってしまいますが、その分圧倒的なコストパフォーマンスです。

一回分買うのもいいですけど、慣れたら2回分補充できるセットとかを買うのもいいですね。いちいち注文する手間も省けますから。

ただ、充填をする時はなるべく汚れてもいい格好で、下に使わないタオルとか新聞紙とか敷いといた方がいいかもしれません。

以前、テーブルにこぼれちゃって落ちなくなった経験があるので間違いないです(笑)

 

ですがまあ、IC6CL80Lに限って言えば互換インクがアホみたいに安いのでわざわざ労力を割いて詰め替えをする意味もあるのだろうか、という疑問も出てきますが…。

 

ic6cl80gokan.hatenablog.com

広告を非表示にする

ICLC80(ライトシアン)だけ欲しい場合

ICLC80(ライトシアン)だけ買えればいいや~って時はどこで買うのがベスト?純正と互換、それぞれの価格を比較してみました。

純正インクはいくら?

ICLC80純正(インク通常量)の価格は、600円~660円で買えれば最安値と言えるでしょう。

価格推移を調べてみても、ここ2年くらいは600円前後を行ったり来たりしているようです。が、時間が経つと安くなる、というわけではなさそうなので安くなるまで待つという手段はないかな、って感じですね。

なので今、最も安くて送料無料のお店を探すのがベストでしょうね。

→ICLC80の価格比較

送料が無料でかつ価格が安いのは

イートレンド
ひかりTVshopping
NTT-X Store

など。知名度等も考えたらこの3店舗が安心できるでしょう。

アマゾンも価格自体は同じですが、単品で買ってしまうと送料が350円かかります。必ず2,000円以上の注文になるように他の商品も注文しましょう。

→ICLC80純正(Amazon)

ICLC80L(増量パック)はどう?

増量パックのICLC80Lも通常モデル同様、まずは価格比較サイト等で送料無料で安いショップを調べるだけでOKでしょう。こちらも通常パックと状況はほぼ同じです。

→ICLC80Lの価格比較

2年間の価格推移を見ると、1年前より価格は上昇傾向にあるようです。現在の価格相場は1,200円前後。大容量版もそれくらいの価格帯で送料が発生しない店舗を選んでおけば大丈夫でしょう。

というわけでICLC80Lも先程の3店舗とアマゾン(送料に注意)の4択くらいになるでしょう。アマゾンで買う時はついでに他の商品も買って2,000円を超えるようにしましょうね。

→ICLC80L(Amazon)

互換インクの場合

互換インクを購入する場合は増量パック一択です。基本的に安いので通常量パックを買う意味がありません(というか、通常量の互換インクはおそらく無いでしょう)

互換インクは取り扱ってるショップがとても多いです。アマゾン、楽天、ヤフーなど様々な場所で売られています。そして製造元もバラバラ。ひょっとしたらハズレを引いちゃうかも…

だから安いからといって簡単に手を出すのは待ちましょう。もちろん、激安店が悪いわけではなく、ショップ選びには気をつけましょう、という意味です。では何を見て判断するかというと「その商品および販売店に対する口コミ」です。

口コミの数が多いということはそれだけたくさんの人が買ってる→リピーターも多い可能性があります。でもステマの可能性もあるかも…?とりあえず低評価の口コミを見ると正直なレビューが読めるのでは。

納得できる値段+手数料・送料のシステムのお店を発見したら、まずは口コミをチェックして問題なさそうだと思ったら買ってみると良いです。

ま、とりあえずはザッと見てみるのが良いでしょう。

→ICLC80L互換インク価格比較

多すぎてわけわかりませんよね。1円とかあるけど大丈夫なんでしょうか。ちょっと不安さえ覚えます。でも1円の互換インクもレビューとか見るとそんなに悪くなさそうなんですよね。今度チャレンジしてみようかな…

というわけで私は1円の互換インクは利用した事ありませんので何とも言えません。

なので申し訳程度に私が使ってる互換インクを紹介させて下さい。

→ICLC80L互換4本セット

ん、4個セット?って思うかもしれませんけど、上記のショップは単品だと600円なんです。が、4個セットだと780円。1個あたり195円になるのでこちらを買うようにしてます。最初から1個195円で売ってくれたらいいんですけどね(笑)。まあコストがかさむんでしょうね。とにかくたくさん印刷する方にはオススメです。

ネコポス(ポスト投函サービス)で届くのも早いし対応も良いし一年保証もあるので安心して使えますよ。

他にも良さげなショップはたくさんあるんですが、全て利用して試すってのも難しいので…。あんまりいろんな互換インクを使うのもプリンターに良いのか分かりませんので。

 

以上、ICLC80(ライトシアン)のインク比較情報でした。純正を買う場合はそこまで悩む必要はないですが互換インクは正直難しいです。私もさんざん悩みました。損したくないけどハズレも引きたくなかったですしね。

とにかく迷ったらまず口コミのチェックを意識しましょう。とても参考になりますので。


詰め替えと比較してどうなの?という方はこちらを参考にして下さい。互換インクが安すぎる現在、詰め替えにするメリットはそこまでないかもしれませんが…

ic6cl80gokan.hatenablog.com

 

ICLM80(ライトマゼンタ)の値段ってどれくらい?

ICLM80(ライトマゼンタ)だけ欲しい!という場合はどこで買えばいいのでしょうか。純正インクと互換インクを比較してみました。

純正インクはいくら?

ICLM80純正(インク通常量)の価格は、600円~660円で買えれば最安値と言えるでしょう。

価格.comの価格推移を調べてみると、最安値が550円を切るタイミングもあったみたいです。が、そこまで下がるのを待っていてはいつまでたっても買えないでしょう(笑)。

現時点で最も安くて送料無料のお店を探すのがベストと言えます。

→ICLM80の価格比較

最安値で送料が無料なのは、
NTT-X Store
イートレンド
ひかりTVshopping
など。ショップの安心感も考えるとこの3店舗くらいが無難かもしれません。

他にもアマゾンがありますが、これ単品で買ってしまうと送料が350円かかります。必ず2,000円以上の注文になるように他の商品も注文しましょう。

→ICLM80純正(Amazon)

ICLM80L(大容量版)はどう?

大容量版のICLM80Lも通常モデル同様、まずは価格比較サイト等で最安値で送料無料のお店を調べるだけでOKでしょう。こちらも通常パックと状況はほぼ同じです。

→ICLM80Lの価格比較

最安値だけ見るとここ2年間で900円から1200円前後で動いていますが、これはおそらく送料がかかるタイプのお店。逆に損してしまいます。送料無料のショップでは1200円台で買えるでしょう。そちらの方が損せずに済みます。

というわけでICLM80Lも先程の3店舗とアマゾン(送料に注意)の4択くらいになるでしょう。アマゾンで買う時はついでに他の商品も買って2,000円を超えるようにしましょう。

→ICLM80L(Amazon)

互換インクの場合

互換インクを購入する場合は大容量版一択です。基本的に安いので通常版を買う意味がありません(というか、多分ありませんw)

互換インクは取り扱ってるショップがとても多く、製造元もバラバラ。もしかしたらハズレに当たる可能性も…?

なのでハズレを引かないように、ショップ選びには気を使いましょう。その基準は「口コミ」です。

口コミの数が多いと自作自演の可能性もありますが、とりあえず低評価の口コミを見ると正直なレビューが読めるのでは。

低評価の口コミを読んでも問題なさそうだと思ったら後は送料無料かどうかをチェックしましょう。大体これで絞り込めます。

ま、とりあえずはザッと見てみるのが良いでしょう。

→ICLM80L互換インク価格比較

多すぎてわけわかりませんよね。1円とか正気かよ?!って思いますけど焦らずに中身を確認して下さいね。思わぬ落とし穴があったりするかもしれませんので。安さは正義ですがタダより高いモノはないということわざだってありますから。。


私は1円のインクは利用した事がないので何とも言えません。参考程度に私が利用しているショップをどうぞ。

→ICLM80L互換4本セット

ん、4個セット?って思うかもしれませんけどこれにはワケがあって、上記のショップは単品だと600円なんです。これじゃ純正と大差ない(とはいっても純正の約半額)んですが、4個セットだと780円。1個あたり195円になるのでこちらを買うようにしてます。たくさん使う方にはオススメですね。

届くのも早いし対応も保証も良いので一度使ってみると良いと思いますよ。

他にも良さげなショップはたくさんあるんですが、全て利用して試すってのも難しいので…。あんまりいろんな互換インクを使うのもプリンターに良いのか分かりませんので。

 

以上、ICLM80(ライトマゼンタ)のインク比較情報でした。純正を買う場合はそこまで悩む必要はないと思いますが互換インクは難しいですね。安いからこそ慎重に考えるべきかもしれません。

とにかく迷ったらまず口コミのチェックを意識しましょう。とても参考になりますので。


詰め替えと比較してどうなの?という方は↓の記事を参考にして下さい。互換インクが安すぎる現在、詰め替えにするメリットはそこまでないかもしれませんが…。

ic6cl80gokan.hatenablog.com

 

EP-808Aには使えない?!

2015年9月に登場し、コストパフォーマンスの高さが人気のEP-808A。

EP-808Aに使用されてるインクはIC6CL80(L)。

なのでIC6CL80Lの互換インクが使えそうなのですが、思わぬ落とし穴があるようです。

どうやら、EP-808Aに限って互換インク対策がかなりキツいらしく、交換自体は可能なのですが常に警告が出る・すぐに使えなくなるなどといった声が頻発している状況です。

もしかしたら互換インクで正常に使えてる人もいるかもしれませんが、現状では使えなくなったという声しか確認できません。

なのでEP-808Aを使用している人は互換インクは諦めて純正インクの使用を強くおすすめします。


近年のインクジェットプリンターはとにかく純正インクを売ろうと必死のようです。インクカートリッジが頻繁にモデルチェンジするのはそういった背景もあるようです。特に最近のエプソンはあからさまに純正インクを売ろうとしてきます。EP-808Aの件も「互換インクを使わせたくない」という強い意思を感じますね(笑)

 

なのでインク代を下げようと思ったらキヤノンかブラザーあたりのプリンターを使ったほうが良さげですね。どちらのメーカーも安い互換インクが沢山ありますし。

ICM80(マゼンタ)を単品で買う場合

ICM80(マゼンタ)だけ欲しい!という場合はどこで買えばいいのでしょうか。純正インクと互換インクを比較してみました。

純正インクはいくら?

ICM80純正(通常量インク)の相場は、現在600円~660円で買えれば最安値と言えるでしょう。

価格.comの価格推移を調べてみると、最安値が600円を切る時期もあったようです。ですが過度な期待は禁物でしょう。

送料無料でできるだけ安く買えるお店を探すと良いでしょう。

→ICM80の価格比較

最安値で送料が無料なのは、
NTT-X Store
イートレンド
ひかりTVshopping
など。ショップの安心感も考えるとこの3店舗くらいが無難かもしれません。

他にもAmazonがありますが、2,000円以上注文しないと350円の送料が発生するので注意です。

→ICM80純正(Amazon)

ICM80L(増量パック)はどう?

増量パックのICM80Lも通常モデル同様、まずは価格.comで最安値を調べて安くて送料無料のショップを選べばいいだけです。こちらも通常パックと状況はほぼ同じです。

→ICM80Lの価格比較

最安値だけ見るとここ2年間で900円から1200円前後で動いています。現在は送料無料で1200円台で買えれば勝ち組なのでは。

というわけでICM80Lも先程の3店舗とAmazon(送料に注意)の4択くらいになるでしょう。Amazonで買う場合は2,000円をこえる注文をしましょうね。

→ICM80L(Amazon)

互換インクの場合

互換インクを購入する場合は通常・増量版を意識する必要はありません。安すぎて通常版を買う意味がないので増量版一択です。

互換インクは取扱店が多くて、製造元もバラバラ。ハズレもある可能性があります。なのでとりあえずは送料無料のショップを絞り込んでその中からトラブルの少なそうなショップを選ぶのが良いでしょう

選ぶ基準は口コミ数の多さと実際の内容。低評価がついている口コミはよく読んでおいた方が後悔する可能性はぐっと減ります。

ま、とりあえずは見てみましょう。

→ICM80L互換インク比較

これだけ安いと、少々のトラブルは許容できそうな気がしてきます。が、ハズレを引いた場合のガッカリ感は味わいたくないですよね。
最悪、プリンターに悪影響があってはいけないのでお店はしっかり選びましょう。

おひとり様1個限り1円!とかのショップも多々見かけます。ですが一応注意して下さい。きちんと送料までチェックしましょう。ついでに口コミも。

ちなみに私が利用しているショップは「インクのチップス」です。
単品だと600円。あんまり安くないです…。だけど4個セットが780円なのでそっちを買ってます。1個あたり195円。これならアリなので。

→ICM80L互換4個セット

どうしてここで買ってるかというと、品質や保証面でも安心して利用できるから。一年保証もついてるしお店自体の口コミも悪くない感じなので。

ついでに届くのも早いです。ネコポスっていうポスト投函サービスで発送します。これがけっこうすぐ届くんですよね。まあ時期によるのかもしれないですけど。


以上、ICM80(マゼンタ)のインク比較情報でした。純正を買う場合はそこまで悩む必要はないと思いますが互換インクはかなり悩むでしょう。製造元の違う互換インクを取っ替え引っ替えしてもプリンターにあまり良くなさそうな気もしますので。。

とにかく迷ったらまず口コミのチェックを意識しましょう。とても参考になりますので。


詰め替えインクに関する情報はこちらです。互換インクが安すぎるのであまりメリットは感じないですが。

ic6cl80gokan.hatenablog.com

 

ICC80(シアン)の価格情報

ICC80(シアン)を単品で買いたいという場合はどこで買えばいいのでしょうか。純正インク・互換インクをそれぞれ比較してみましょう。

純正インクはいくら?


ICC80純正(通常量インク)の相場は、現在660円前後で買えれば最安値と言えるでしょう。

価格推移を調べてみると、最安値が600円を切る時期もあったようですがいつ価格が下がるか予想できませんからね。

送料無料でできるだけ安く買えるお店を探すと良いでしょう。

→ICC80の価格比較

NTT-X Store
イートレンド
ひかりTVshopping
などが価格も横並びで送料無料。ここらへんで問題ないでしょう。

他にもAmazonがありますが、2,000円以上注文しないと350円の送料が発生するので注意です。

→ICC80純正(Amazon)

ICC80L(増量パック)はどう?

増量パックのICC80Lも通常モデル同様、まずは価格.comで最安値を調べて安くて送料無料のショップを選べばいいだけです。簡単ですね。

→ICC80Lの価格比較

最安値だけ見ると1,000円~1,080円前後で推移しているようですが、おそらく送料が発生しているショップでしょう。

送料無料のショップだけで見ると、だいたい1,200円前後と考えるのが妥当でしょう。

というわけでICC80Lも先程の3店舗とAmazon(送料に注意)が無難でしょう。

→ICC80L(Amazon)

Amazonで買う場合は2個以上買うか、ついでに買うものがある場合に利用しましょう。

互換インクの場合

互換インクを購入する場合は通常・増量版を意識する必要はありません。増量版一択です。安すぎて通常版を買う意味がないので。

互換インクは販売しているショップが多すぎて悩むことと思います。なのでまず送料無料のショップを探してその中からトラブルの少なそうなショップを選びましょう。

その基準はレビュー数の多さとレビュー内容ですね。高評価と低評価の割合などを注意して見ましょう。

ま、とりあえずは見てみましょう。

→ICC80L互換インク価格比較

 

やっぱ互換インクは安いですね。安すぎるショップは逆に不安な気もしますが最近は全体的に品質が安定しているようなのでそこまで神経質になる必要はないかも。。

ですが一応、安い!と思っても購入手続きは注意して下さい。きちんと送料までチェックしましょう。

とりあえず1個だけあればいいという人は一人1個限りで1円!とかやってたりするんでショップやその商品自体のレビューをチェックして問題なさそうであれば買い!です。

私が利用しているショップは「インクのチップス」です。
単品だと600円ですが4個セットなら780円なので1個あたり195円で買えます。

→ICC80L互換4本セット

 

品質や保証面でも安心して利用できるショップなのでまとめ買いならおすすめのショップです。5色セットや6色セットも安いですよ。

ネコポスというポスト投函サービスで発送してくれるので送料無料で家で待つ必要もないですし。ネコポスは届くのも早いのがいいですね。


互換インクは販売店が多すぎて紹介しきれませんが、まあお気に入りのお店を探すのも楽しみの1つということで。

とにかく迷ったらレビューをチェックしましょう。それが1つの指標になりますので。


詰め替えインクに関するはこちら。

ic6cl80gokan.hatenablog.com